記事一覧

企画を考えるときに役立つこと

企画を考える時には、自分の立ち位置、読者のターゲット、本の内容をまとめてみましょう。

城村典子の記事 2022/06/12
あなたの中の「不満」がヒントです

不満を育てると、それは才能になります。未来をつくる行動になります。それが、本の企画にもなります。

城村典子の記事 2022/06/02
改めて紹介。ビジネス出版賞とは?

本は、読者の人生も変えますが、著者の人生も変えます。自分の本を出版したい、処女作でも、次回作でも。そう考えている人は、ぜひこの記事を読んでみてください。

城村典子の記事 2022/05/30
人生100年時代に著述家という生き方が最適なわけ

自分のペースで、自分の好きな仕事をすることができる。自分の「経験」「知見」を概念化して、価値にして読者に買ってもらう。そんな著述家になるきっかけを、ビジネス出版賞で試してみませんか?

城村典子の記事 2022/01/30
「ビジネス実用部門」はこんな原稿をお待ちしています

私は、多くの経営者の方が持っているものを本にしてきましたが、私が「面白い!」と思うものに最初から気づいていた人は1人もいません。 だから、私は、その眠る「宝」と出会いたい。 事業をやっている方は、必ず「実用書」を書ける素養を持っているのです。

城村典子の記事 2021/08/24
イノベーション部門にご応募ください

経営者の中には「その考えを発信したら盗まれちゃう!」と心配する方もいます。 事業や開発の具体的な内容は語らなくても大丈夫です。 むしろ「物語」や「志」を語ったほうが、読者にとっては面白いのです。

城村典子の記事 2021/08/17
賞への応募は経営者・ビジネスパーソンの「成長のフラッグ」

ビジネスを推進するのは自立した孤独なワークです。 だからこそ、自身のやってきた軌跡を振り返り、社会の位置づけを再確認してほしいと思います。

城村典子の記事 2021/08/14
「自己啓発・経営ストーリー部門」には、こんな作品!

まるで「下町ロケット」。 企業には、物語という宝物が、たくさん隠れています。

城村典子の記事 2021/08/08
「未来に成功する経営者は本の出版をする」のはなぜか

スプリングインク代表の城村典子(じょうむらふみこ)です。   スプリングインクでは、「絵本出版賞」「写真出版賞」   という賞を実施しているわけですが、   このたび「ビジネス出版賞」を開設 […]

城村典子の記事 2021/01/20